2018年度 第15回ジェンダー史学会年次大会

●日時:2018年12月16日(日)10:00〜17:30
●場所:東京外国語大学 研究講義棟
     総会・シンポジウム:115教室
     自由論題会場:111、112、105、106教室

〒183-8534東京都府中市朝日町3-11-1
最寄駅:西武多摩川線「多磨駅」下車徒歩5分、または京王線「飛田給駅」北口より京王バス「多磨駅」行きにて約10分「東京外国語大学前」下車
キャンパスマップアクセス

* 託児について
府中市内の一時預かりサービス実施施設一覧
ご利用は各施設へお問い合わせください。
ジェンダー史学会からは利用料の半額を補助いたします。ご利用後に領収書等を添えて大会実行委員会
gha2018official@gmail.com)までお申し込みください。

●タイムスケジュール
受付開始 9:30〜
自由論題発表 10:00〜12:15
総会 12:30〜13:15
シンポジウム 13:30〜17:30
茶話会 18:00〜19:00

●大会参加費:会員1,000円、非会員1,500円、院生500円、学部生無料
●茶話会参加費 1,000円

自由論題
部会A  司会:田丸理砂(フェリス女学院大学)
10:00―10:30
◆洲崎圭子(お茶の水女子大学)
 『ドン・キホーテ』の思い姫像を解く
10:35―11:05
◆貝原伴寛(東京大学)
 18世紀初頭のフランス演劇に見るジェンダーと感情―『イネス・ド・カストロ』を手がかりに―
11:10―11:40
◆アリフィア・マシタ・デウィ(奈良女子大学)
 『ジャワ・パル』の中の女性像―インドネシア女性の二つのイメージ―
11:45―12:15
◆クローデル・ソフィー(法政大学)
 山田詠美の初期作品におけるジェンダーとエスニシティのインターセクショナリティ

部会B  司会:吉良智子(日本学術振興会特別研究員)
10:00―10:30
◆髙屋安優美(神戸大学)
旧杉山家住宅の廻り階段と書斎に関する考察―ジェンダー視点からみる歌人・石上露子 の創作空間―
10:35―11:05
◆片桐真佐子(奈良女子大学)
1950年の「アメリカ博覧会」―「ほんまもん」の‘洋風’がやってきた―
11:10―11:40
◆酒井晃(関東学院大学)
 戦争認識と「男らしさ」の戦後史―1945~1960年代における男性間の性愛を中心に―
11:45―12:15
◆杉本和子(大阪府立大学)
 戦後日本映画『青い山脈』(1957年版と1975年版)における「女教師」像分析からの考察―『ジェンダー史
 学13』掲載論文「『青い山脈』的なるもののゆくえ」(千葉2017)と比較して―

部会C  司会:松原宏之(立教大学)
10:00―10:30
◆富田裕子(長野県立大学)
 イギリス女性参政権運動が日本の女性運動に与えた影響
10:35―11:05
◆浅井理恵子(國學院大學)
 冷戦初期の米軍におけるジェンダー秩序の揺らぎ―国防次官補アナ・ローゼンバーグの職務内容を手が
 かりに―
11:10―11:40
◆佐々木啓子(電気通信大学)
 情報・通信技術の発達とジェンダー―女性の働き方を中心として―
11:45―12:15
◆柳原恵(日本学術振興会特別研究員PD)
 チリ先住民族マプーチェ女性の歴史と現在―マプーチェ・フェミニズムの可能性―

部会D
10:00―10:30
個人報告  司会:京樂真帆子(滋賀県立大学)
◆今井小の実(関西学院大学)
 愛国婦人会と山口県社会事業

10:40―11:40
パネル報告
十五年戦争期の慰問活動―子ども、女学生、そして婦人会による「兵士」の創出―
森理恵(日本女子大学) 司会者およびディスカッサント
池川玲子(大阪経済法科大学)
藤木直実(日本女子大学)
山崎明子(奈良女子大学)

自由論題「報告要旨」はこちらからダウンロードできます

●シンポジウム
男性史の新展開 ―対抗文化と男らしさに着目して

ジェンダー史が提唱され久しいものの、日本においてその研究対象は依然として女性と関連深いものに偏りがちである。しかし海外においては、1990年代から蓄積がある米国はもとより、日本でも昨年、翻訳本が刊行されたAlain Corbin, Jean-Jacques Courtine, Georges Vigarello, Histoire de la virilité, Le Seuil, 2011(邦訳『男らしさの歴史』全3巻、藤原書店)されたなどの展開をみせているフランスをはじめ欧州でも、男性史の研究には新しい展開がみられる。
そこでは、男らしさが学校教育等でのイデオロギー注入を通じて権力により構築される、というだけではなく、エスニシティや宗教、階級などにより周縁化された人々の対抗文化の中からも構築されてきたことが明らかにされている。欧米での男性史の研究動向をみると、アジア系やヒスパニック系、アフリカ系など、エスニシティにより異なる男性性が、支配層たる白人の文化とりわけそこにみられる男らしさを、柔弱なものとして否定していく中で構築される歴史的過程が検証されている。この視点にたてば、男性性を構築し再生産する社会装置は学校など体制的なものに限らず、暴力的な抵抗運動や暴動、犯罪やアウトロー集団への加入などもまた含まれることになる。このような対抗文化における男らしさの構築は、支配層によるジェンダー秩序の形成とは異なるかたちをとりつつも、男性による女性支配や性的マイノリティ排除をもたらしてきたのである。これに対して日本では、近代的軍隊編成をめぐる兵士的男性性の構築や非異性愛セクシュアリティ男性の周縁化については研究蓄積が進みつつあるものの、労働者階級・アンダークラス・アウトローの男性性や在日外国人の男性性などについての研究は手薄な感がある。
折しも、「忘れられた労働者階級の叛乱」としての右傾化・ゼノフォビアの高まりが指摘される中、ときに暴力やミソジニーと結びつきつつおこなわれる対抗的男性性の構築をどのように捉え位置づけていくべきかは、重要かつ喫緊の問題ではないだろうか。本企画は、今後の男性史研究の発展に向けての比較男性史的な議論を、二部構成にて試みる。第一部では、前述『男らしさの歴史』、とりわけ、そこでの「未開人」や犯罪者、労働者などの対抗文化における男らしさへの分析を参照軸として、対抗文化の男らしさをめぐる海外での男性史研究の成果、それに対応する日本での男性史の現時点での到達点および課題を、ラウンドテーブル形式にて研究対象地域を異にする各報告者の視点から報告する。第二部では、対抗文化の男らしさの社会的・歴史的構築過程についての具体的研究として、暴力が下層労働者の男性主体形成にいかなる意味をもっていたのかを明らかにする伊東久智氏、韓国において日本以上の激しい非正規雇用化や失業率上昇が男性復権運動や軍事主義的な保守運動の高まりといかに結びつき、若年男性の男性性形成にいかなる影響を及ぼしているのかを検討する佐々木正徳氏の2氏に研究報告をいただき、第一部での議論もふまえつつ対抗的男性性をめぐる男性史研究の成果と課題を考える。

司会
◆貴堂嘉之(一橋大学)
◆松本悠子(中央大学)

第一部 ラウンドテーブル:比較史的視点でみる男性史の新展開―A.コルバン『男らしさの歴史』における対抗文化の男らしさ分析を手掛かりに
◆海妻径子(岩手大学)
◆兼子歩(明治大学)
◆石井香江(同志社大学)

第二部 対抗文化の男らしさ研究、その現状と課題
◆伊東久智(早稲田大学)
「日雇い労働者の「日記」にみる男性性の「温床」:昭和初期の東京市社会局調査資料を素材として」
東京市社会局調査資料における日雇い労働者271名分の「日記」は、社会局の求めに応じて書かれた特殊な「日記」ではあるが、記載された情報をデータベース化し、これまでの研究で論じられていたような「発現」した男性性というよりは、むしろ男性性の「温床」とでもいうべき諸要素について、他の史料をも組み合わせつつ、実証的に論じることを試みる。例えば、①社会経済状況の変化と男性性との関連(第一次大戦期の日雇い労働者の男性性と昭和初期のそれとの異同)、②急増せんとする朝鮮人労働者や冬場に大挙してやってくる地方からの出稼ぎ労働者、あるいは女性など、日記に登場する「他者」への眼差し、③彼らが通った娯楽の具体的内容如何、など。特に③については、当時流行していた「安来節(やすぎぶし)」の興業実態に着目することで、労働者にとっての「疑似芸者遊び」としての側面や、都市生活者(あるいは地方出身者)であった彼らが抱く「地方的な女性の身体」への欲望といった側面を明らかにできるのではと考えている。
◆佐々木正徳(長崎外国語大学)
 「現代韓国の軍事主義 ―歴史修正主義、ミソジニーとヘゲモニー」
韓国の男性性を分析する視覚の一つに軍事主義がある。軍事主義とは、何らかの紛争を解決するために集団的暴力の使用を正当化する理念のあり方であり、そうした理念を維持しようとする社会的な制度や人びとの意識のことを指す。朴正熙軍事政権期に完成したとされる韓国の軍事主義は、民主化を達成し、政権交代が実現するようになった現代の韓国においてもヘゲモニーを握り続けている。本発表では軍事主義がヘゲモニーを掴む過程から、現代に至るまでどのように権力を握り続けてきたのかを、いくつかの事例(歴史修正主義、ミソジニー)を基に検証する。
コメント
総合討論

主催 ジェンダー史学会

問い合わせ先
〒183-8534東京都府中市朝日町3-11-1
東京外国語大学 ジェンダー史学会2018大会実行委員会
gha2018official@gmail.com
------(以下,募集時の情報)-------------------------------------------------------------

▼ジェンダー史学会第15回年次大会自由論題研究発表の募集
趣旨:
ジェンダー史学会第15回年次大会は、2018年12月16日(日)に東京外国語大学にて開催される予定です。この大会における自由論題での研究発表(午前10時~午後12時15分の予定)を、会員の皆様から個人とパネルの2形式で募っております。研究発表をご希望の方、またはグループは、2018年6月24日(日)までに下記の要領で大会運営委員会までお申し込み下さい。
形式:
①個人(時間:発表20分、質疑応答10分)
②パネル(時間:発表、質疑応答を含め60分。報告者は3名以上で、報告者・司会・ディスカッサントは学会員のみ)
申し込み方法:エントリーシート(添付ファイル参照)に必要事項を記入の上、電子メールまたは郵便(申し込み締切日必着)で大会運営委員会までお申し込み下さい。
司会:
個人発表につきましては、大会運営委員会で準備いたします。パネル形式の場合は、発表グループの方でご準備下さい。
申し込み先:
E-mailの場合; gh2018jiyurondai@gmail.com
郵便の場合;
〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1お茶の水女子大学 理学部3号館204
       お茶の水学術事業会内 ジェンダー史学会事務局
       ジェンダー史学会第15回年次大会運営委員会 宛

※なお、研究発表の採否につきましては、2018年7月中旬に、電子メールまたは郵便で通知させていただきます。時間の制約その他の事情により、やむを得ずお申し込みにお応えできない場合もありますことを、あらかじめご了承下さい。

以下のファイルをダウンロードしてご確認下さい。
第15回年次大会自由論題募集・案内文
第15回年次大会 自由論題研究発表エントリーシート(パネル報告用)
第15回年次大会自由論題研究発表エントリーシート(個人報告用) [ch0]

milk_btn_pagetop.png

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|

milk_btn_next.png