Gender History Association of Japan
2008 Fifth Annual Meeting Program

Time: Sunday November 30, 2008
Place: University of Tokyo, Faculty of Economics Building (Hongo, Bukyo-ku, Tokyo)
http://www.e.u-tokyo.ac.jp/fservice/address/address.j.htm

Fees: 1,500 yen for Non-members, 1,000 for Members
500 yen for Undergraduate and Graduate Students (both Members and Non-members)
Tea: 1,000 yen for Non-members, Members, Undergraduate and Graduate Students

Independent Paper Presentations
Session A (Chair: Akane Onozawa), Room 2
1) 10:00-10:40, Yoko Hayashi
“The Problem of Masculinity in Isoo Abe's Thought with Focus on Sterilization"
2) 10:40-11:20, Niina Iwamoto
“The Relation between Eugenics and Criticism of ‘Overseas Prostitutes'"
3) 11:20-12:00, Atsuko Mineyama
“Ochimi Kubushiro and the Development of Post-war Sexual Education: Sexual Education, Purity Education, and Family Plan"

Session B (Chair: Chikako Kato), Room 3
1) 10:00-10:40, Aya Takahashi
“Government-supported Female Students Studying Abroad and the Japanese Government's Policy toward Them during the Meiji Period"
2) 10:40-11:20, Momoko Takayasu
“Marriage-Protection Measures for Disabled Veterans during the Asia-Pacific War: Expectations Placed on Disabled Veterans' Wives"

Session C (Chair: Toshie Awaya), Room 4
1) 10:00-10:40, Ayana Katakura
“Born in the ‘Purple Chamber': The Identity Construction of the Byzantine Princess Anna Komnene"
2) 10:40-11:20, Mio Chiyozaki
“Problems Women Activists Faced in an Early-twentieth-century ‘Colony': A Study of the 1938 Eastern Women's Conference for the Defense of Palestine"

General Assembly, 13:00-14:00, Room 2

Symposium, 14:15-17:15, Room 2

Theme: Gender History of Labor
Chair: Maki Omori
Panelists: Janet Hunter
“The Process of Gendering Labor in a Late-developing Nation: Factory Labor in Pre-war Japan"
Toshiko Himeoka
“The Relation between Labor and Gender in Germany"
Fumie Ohashi
“Beijing Domestic Servants from Farming Villages: The Gender Division of Reproductive Labor and Its Reorganization"
Commentators:
Masakatsu Okado, Linda Grove
Masayuki Tanimoto (explains the purpose of the symposium)

Tea, 17:30-18:30, First Floor Community Lounge

*Most restaurants will be closed on Sunday. Please bring lunch. Some convenience stores around the campus will be open.

2008年度公開シンポジウム

テーマ:「先住民族であり女性であること:自律と共生のジェンダー史」
日時:2008年5月17日(土)13:00-16:30
会場:北海道大学 人文社会科学総合教育研究棟W103
〒060-0810 札幌市北区北10条西7丁目
(札幌駅北口より徒歩約15分)
ジェンダー史学会、北海道大学ジェンダーに関する研究教育体制整備検討WG共催(北海道大学サステナビリティ・マラソン参加行事)

空港・JR札幌駅から会場までのアクセスは、以下の北大HPをご覧下さい。
*駐車場はありませんのでお車での御来場は御遠慮下さい。

札幌キャンパスまでのアクセス
http://www.hokudai.ac.jp/footer/ft_access.html
札幌キャンパス地図
http://www.hokudai.ac.jp/bureau/map/s-campusmap.pdf

プログラム
コーディネータ・司会:瀬名波栄潤、高橋彩
開会 13:00
挨拶 北海道大学理事・副学長 林忠行 
司会・問題提起 コーディネータ
○第I部 報告 13:10-14:50
報告I 多原良子氏(北海道ウタリ協会札幌支部事務局次長)
「複合差別の概念がアイヌ女性の主体的運動に、そしてエンパワーメント」
報告II アンエリス・ルアレン氏(日本学術振興会外国人特別研究員(北海道大学大学院地球環境科学研究院))
「マイノリティ女性からマジョリティ女性へ:先住民族アイヌ女性と日本に於ける複合差別」
報告III 佐藤円氏(大妻女子大学比較文化学部准教授)
「アメリカ先住民史研究における女性とジェンダー」
○第II部 コメントと全体討論 15:15-16:20
コメント:小野有五氏(北海道大学大学院地球環境科学研究院教授)
全体討論
挨拶 ジェンダー史学会代表理事 長野ひろ子
閉会 16:30

遠方から参加される皆様へ
宿泊は各自ご手配下さい。主要都市からはパック旅行等もあるかと思われますが、ご参考までに会場付近のホテル情報を以下ご紹介します。

札幌宿泊情報
札幌の宿泊施設情報は、市役所HPの宿泊施設一覧をご参考下さい。
http://www.welcome.city.sapporo.jp/access/inn.html

会場に近いホテルは、「2.札幌駅北口付近」です。
●札幌アスペンホテル
●東横イン札幌西口北大前
は北大のすぐそばにあり、会場まで徒歩10分程度です。

「1.札幌駅南口付近」でも以下のホテルは、会場まで徒歩20分程度です。
●JRタワーホテル日航札幌
●センチュリーロイヤルホテル
●札幌第2ワシントンホテル
●京王プラザホテル札幌
●札幌ワシントンホテル

気候・季節のイベント
最低気温はまだ10度以下と思われます。一枚多くお持ちになり、お出かけ下さい。
参考サイト:ようこそ札幌(札幌は季節の薫る街)
http://www.welcome.city.sapporo.jp/season/index.html

milk_btn_pagetop.png

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|

milk_btn_next.png