Gender History Association of Japan
2005 Second Annual Meeting Program

Sunday November 27, 2005
Chuo University Tama Campus, Building No.3

Independent Paper Presentations
Session A (Chair: Fusae Kawazoe), Room 3551
10:00-11:00 Panel, “Women Paint Pictures: Social History Perspectives on Woman and Art in Modern Japan"
Panelists: Tomoko Ogawa
Tomoko Kira
Akiko Yamasaki
Commentator: Reiko Kokatsu

11:00-12:00 Panel, “Narratives in Medieval Japan/Visual Representation and Social Imagination: Practices of Analysis and Interpretation from a Gender Perspective"
Panelists: Mariko Inamoto
Saeko Kimura
Shinobu Ikeda

Session B (Chair: Rui Kohiyama), Room 3453
10:00-10:30, Kaori Isobe, “Images of Men in Jokan, a Journal for Women in the Meiji period"
10:30-11:00, Yoko Hayashi, “Women's/Men's Anti-prostitution Campaigns"
11:00-12:00, “Why Did Male Intellectuals Discuss Women? A Journal Shin Josei (1926-1929) as a Subject of Analysis"
Panelists: Hui-chi Hsu
Jungwon Jin

Session C (Chair: Yuko Takahashi), Room 3454
10:00-10:30, Chisako Uno, “Luther Halsey Gulick and YMCA Physical Education Programs"
10:30-11:00, Remi Kitahara, “PACS: A New Form of Civic Union in France"
11:00-12:00 Panel, “The Emperor System and Religion from a Gender Perspective"
Chair & Panelist: Haruko Okano
Panelists: Junko Minamoto
Atsuko Usui
Akiko Okuda

General Assembly, 11:00-2:00, Room 3551

Symposium, 2:00-5:00, Room 3551
Theme: The Making of Japanese Citizens and “Soldiers": Politics of Masculinity in Modern Japan
Chair: Chikako Kato, Shinobu Ikeda

Makoto Hosoya, Making Soldiers, Making Japanese Citizens: The Origins of Masculinity
Sumio Obinata, The Formation of “the Imperial Forces" and the Structure of “Masculinity"
Keiko Kaizuma, “Turning Women into Japanese Citizens" for the Construction of Masculinity: An Attempt to Stimulate Further Discussion of “Empire's Feminism"
Ayako Saito, A Study of the Representation of Soldiers

Dinner 5:30-7:00, Room 1410

ジェンダー史学会 イメージ&ジェンダー研究会共催
公開シンポジウム 共通テーマ:表象の可視/不可視とジェンダー

報告1:千葉慶
「近代天皇制国家におけるアマテラスの政治的機能」
報告2:西山千恵子
「公共彫刻による都市空間のジェンダー化とその変容」
コメンテーター 原武史(日本政治思想史)
森理恵(日本服装史/美術史)
2005 年10 月2 日(日)13:30~16:30
津田ホール(千駄ヶ谷駅前)101・102 室
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-18-24 TEL: 03-3402-1851
アクセス JR中央線(各駅停車)千駄ヶ谷下車すぐ
地下鉄 都営大江戸線・国立競技場駅下車 A4出口すぐ
参加費 会員と学生・院生500円 非会員(学生・院生を除く)1000円

お問い合わせ先
●ジェンダー史学会
〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 中央大学経済学部 長野ひろ子研究室気付
E メール:genderhistory1@khh.biglobe.ne.jp
Fax: 0426-74-3425
ホームページ:http://www7a.biglobe.ne.jp/~genderhistory/
●イメージ&ジェンダー研究会
〒658-8501 神戸市東灘区岡本8-9-1 甲南大学文学部・北原研究室気付
E メール:imagegender@yahoo.co.jp
研究会ホームページ:http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/9287/index.html

公開シンポジウム 「戦争体験と記憶」

米田佐代子「戦争体験を記憶するということ―戦後日本の女性の場合」
香川檀「戦後ドイツにおけるナチズムと戦争の記憶―表象文化論/ジェンダー論の視点から」
永原陽子「アパルトヘイトをどう語るか―南アフリカにおける戦争と植民地主義」

モデレーター 田丸理砂・早川紀代

2005年5月22日(日)13:00~16:00
中央大学駿河台記念館 280号室
〒101-8324 東京都千代田区神田駿河台3-11-5 電話 03-3292-3111
交通アクセス JR御茶ノ水駅・地下鉄千代田線新御茶ノ水駅徒歩3分
http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/kinenkan_hp/map.htm

参加費: 会員と学生・院生500円 非会員(学生・院生を除く)1000円

お問い合わせ先
〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 中央大学経済学部 長野ひろ子研究室気付
ジェンダー史学会
Eメール:genderhistory1@khh.biglobe.ne.jp FaX:0426-74-3425
ホームページ:http://www7a.biglobe.ne.jp/~genderhistory/

milk_btn_pagetop.png

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|

milk_btn_next.png