『ジェンダー史学』第8号・目次

[論文]
戦後日本農業の変転とジェンダー ――「60年代嫁世代」の経験を中心に―― 秋津元輝
天皇を「生ましました」産婆 ――産婆・岩崎直子にみる天皇家と産婆職―― 木村尚子
1950−60年代における農村女性政策の展開 ――生活改良普及員のジェンダー規範に着目して―― 岩島 史
岩手におけるウーマンリブの思想と活動 ――麗ら舎の〈おなご〉たちのライフストーリーから―― 柳原 恵

[研究ノート]
少年雑誌が見せた「軍人的男性性」の復活 ――占領下のマスキュリニティーズ―― 内田雅克

[シリーズ企画]
Ⅰジェンダーをめぐるキーワード
    災害とジェンダー                 丹羽雅代
Ⅱ学問領域とジェンダー
    国際移民とジェンダー              伊藤るり
     ――研究領域としてのひとつの素描――

[海外の新潮流]
「イスラームと女性」研究の新動向          服部美奈
 ――東南アジア・インドネシアから――

[書評]
義江明子『古代王権論――神話・歴史感覚・ジェンダー――』 小林茂文
関礼子『女性表象の近代 文学・記憶・視覚像』       小平麻衣子
菅聡子『女が国家を裏切る時』               関礼子
虞萍 著『冰心研究――女性・死・結婚――』       江上幸子
金富子『継続する植民地主義とジェンダー』         藤永壯
長谷川まゆ帆『さしのべる手――近代産科医の誕生とその時代』 竹下和亮                              
Albrecht Classen, Sexual Violence and Rape in the Middle Ages    上條敏子

[新刊紹介]
ウマ・ナーラーヤン『文化を転位させる――アイデンティティ・伝統・第3世界フェミニズム』 常田夕美子
藤目ゆき『女性史から見た岩国米軍基地――広島湾の軍事化と性暴力――』 古橋綾
長野ひろ子/姫岡とし子編著『歴史教育とジェンダー――教科書からサブカルチャーまで――』 丸浜江里子
増田裕美子・佐伯順子編『日本文学の「女性性」』 吉野瑞恵
舘かおる編『女性とたばこの文化誌――ジェンダー規範と表象』 安田こずえ
山崎明子/黒田加奈子/池川玲子/新保淳乃/千葉慶
 『人はなぜ乳房を求めるのか――危機の時代のジェンダー表象』 木村朗子
藤原千沙・山田和代編著『労働再審③ 女性と労働』  落合絵美

[学界動向]
明治大学情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター      細野はるみ

[第8回年次大会の記録]
大会プログラム
〈自由論題〉部会A/部会B/部会C/部会D/部会E/パネル
〈シンポジウム〉「『小経営体』のジェンダー分析――日本における歴史的展開とその方向性をめぐって」
〈大会シンポジウム批評〉
   「小経営体」のジェンダー史分析 何が焦点か      大門正克
   生活共同体の比較ジェンダー史に向けて         三成美保      

[特別シンポジウムの記録]
「ジェンダー史の今後を考える――『ジェンダー史叢書』完結によせて――」
   『ジェンダー史叢書』刊行の意義と今後の課題 長野ひろ子
    表象研究とジェンダー史  千葉慶
    ジェンダー史研究と男性史研究  兼子歩
    ジェンダー史研究とアジア  須藤瑞代
   「新しい世界史」とジェンダー史 羽田正
   日本におけるジェンダー研究・教育体制の構築 舘かおる                    
    シンポジウム報告  小檜山ルイ

 [公開シンポジウムの記録]
   「ジェンダー史学会春のシンポin岩手 エンパワメントとジェンダーの関係性――地域女性の自主学習運動を通して――」 
     海妻径子・植田朱美                        
[活動の記録]
  〈彙報〉           
  〈総会報告〉

[執筆者一覧]
[受贈図書一覧]

*学会規約/役員構成/入会案内/投稿規定/著作権について/7号の訂正/編集後記

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|

milk_btn_next.png